guided tour of the lava tubes at undara experience

Things to do

溶岩洞窟

溶岩の通り道を辿る

時には火山の噴火以上に壮大な活動があります。アンダラ火山が最後に噴火した際には230億リットルにも及ぶ溶岩が流れ出しました。19万年前の真っ赤な溶岩流の活動跡をアンダーラ火山国立公園の溶岩洞窟で感じることができます。流れ出た溶岩流の中心部は高熱で熱く、速く流れましたが、外側は冷えて固まったため、流れた後にたくさんの巨大な空洞を残しました。ベイレスケーブでは幅22m、高さ11m、長さ1キロ以上の溶岩洞窟(ラバーチューブ)が残っています。

ラバーチューブの探検はまずサバンナウェイを通ってアンダラ・エクスペリアンスに向かいます。ここには昔使われていた列車の車両を利用した宿泊施設やキャンプ場があり、ここからガイド付きの溶岩洞窟ツアーが出発します。野生のカンガルーが飛び回るアウトバックの施設では、キャンプファイヤーやブッシュ・ブレックファストを楽しむことができます。ラバーチューブへはケアンズから西へ約4時間のドライブ。アンダラ・エクスペリエンス周辺には他にも2.5キロのカルカニクレーターの縁を歩けるコースや、12キロのロセラプレインズ・ルックアウトなどのハイキングコースもあります。ハイキングコースのところどころでは、昔使われていた電報用の柱が立っています。

アンダーラ火山国立公園のカルカニクレーターの縁を歩く

アンダーラではテント型のロッジでキャンプ体験もできる!

アンダーラブッシュスタイルのブレックファーストを

Explore Lava Tubes