Notice: Undefined variable: context in /nas/content/live/ttnq/wp-content/themes/ttnq/single-post.php on line 58

Blog Post

ケアンズのおススメツアー「スカイダイビング」

ミホ・エリオット

TNQ Writer

スカイダイビングは「死ぬまでにやりたいこと」リストの中の1つだったんです☑! 😃。 
人生の中で1回は挑戦してみたいけど、スカイダイビングをするチャンスが巡ってくる事って稀ですよね。
しかも、ケアンズには街から出発するスカイダイビングツアーがいくつかあるんです😍!
日本からもネットで予約可能ですよ。
私も何年か前の自分の誕生日に思い切ってやってきました✌️

どの会社のツアーも朝、ホテルからバスでスカイダイブポイントへ向かって、そこでレクチャーを受けたり、書類にサイン📝したりして、スカイダイビングが終わったらまたバスで帰る・・と言った感じ🚌💨 。
ポイントまではバスで片道約1.5時間と言ったところではないでしょうか?
私は直接ダイブポイントへ夫の運転で向かいましたが、受付が結構混んでいて、書類にサインしてから名前を呼ばれて、ハーネスをつけてもらえるまで1時間以上待ちました😭。
受付の横にあった温泉街を思わせる卓球台。
最初は「なんでこんなところでピンポン?」って思いましたが、混んでいるとき用だったんですね👍。

待っているのはほとんど女子😆。
オージーの夫👦の隣で、ドイツ人と、これまたご主人をホテルにおいてきたというアメリカ人の女の子👧と「男がだらしないのって世界共通なんだね🎶」と意気投合する私達😆・・・
男子、もっと頑張れよ笑!
とにかく勇気のある女子で混んでいる可能性がありますから時間には余裕を持ってをもって行ったほうがいいですね☝️。

自分の前で飛んでいく人

まだまだ高度が上がります!

最高度まではまだかな?

緊張で手が震える…

初めての私は、もちろん後ろにインストラクターがついて飛ぶタイプ。今回のインストラクターはマークさん🏃。
とっても良い人で、緊張する私に気さくに話しかけてくれました。ハーネスをつけてくれたスタッフもみんなフレンドリーでしたよ❤️️ 。

さぁ、ハーネスをつけて準備ができたら10人乗り程度の小型飛行機で上空へ✈️ 。
緊張が高まる中、飛行機はどんどん上がっていきます!マークが「正面にあるランプの色が変わったらダイブポイントに達したってことだよ」と教えてくれましたが・・・・・・
全然、色変わんないけど😩!
とうとう、色が変わって、ドアが開いた瞬間は、私が長い海外生活のなかで初めて思わず「オーマイガー😱!」と叫んでしまった瞬間でもありました。
高い!高すぎる⛅️!
いま思い返せば、この瞬間が一番怖かった。本当に吐き気がしましたもんね😵。

怖がる私に「Dont worry, You have to jump anyway!(心配しないで。ジャンプするしかないんだから!)」と良く分からない声掛けをしてくるマーク💦。
でも確かにここまできたら、引き返せない。飛ぶっきゃない!やるっきゃない👊!
私は自分に「マークが全部やってくれるんだから、私は身を任せていればいいんだから、大丈夫」と言い聞かせ、いざ、ジャンプ🏃💨!
ちなみに私は14000フィート(約4270m)から飛んでおります!
富士山より高いやないかい 🗻!

絶賛降下中!

最高の景色が目の前に広がります

そろそろ着陸かな?

無事生還!!

外に出ると空気はすごく冷たくて、すごい風に一瞬どうやって息をするのか忘れてしまうくらい。
最初は手を交差させ、マークが私の肩をたたいたら手を広げます☝️。
今だ!と肩を叩かれ、ハイ!と大きく手を広げる優等生の私👓。
空いている口の中はもうカラッカラ笑!

時間にしたら約数分、しかし永遠に感じられたスリリングなフリーホールが終わり、優雅な上空飛行が始まります ⛅️。
これは楽しいし気持ち良かった🎶!
着陸の際は足を上げ、もしマークがRun!と言ったら、駆け足をするように最初に言われましたが、結局、言われることなく着陸しました🐴。
そのあと係りの人に、ハーネスを外してもらい、終了。

ちなみに夫は地上で私を待っていてくれたのですが、直陸してからしばらくの私はまだ興奮しっぱなして、「酔っ払ってるみたいだったよ🍺」だそうです。
確かにこんなにアドレナリンが出たのは初めての経験だったかも😍

そうそう、私はオプションの写真も約$100払って付けました📷 。
ビデオもあったけど、これはもっと高かったので断念😭。
「$100も払ってるんだからプロのカメラマンが一緒に乗って写真を撮ってくれるのかなー❤️️」なんて思ったのですが、そんなわけはなく、マークさんの手首に付いたGo Proでの撮影😌。
しかし、その数100枚以上 ✨。
マークさんも、さすがに慣れていて結構良い写真をたくさんとってくれました 😄。
そして、後からその写真を見てるうちに、またあの興奮を思い出し、湧き上がってくるアドレナリン笑。写真つきスカイダイビングツアーおススメですよ!

皆さんもケアンズで「死ぬまでにやりたいこと」リストの中の1つを叶えてみませんか🎁?

トコトコ列車の旅🚂