Notice: Undefined variable: context in /nas/content/live/ttnq/wp-content/themes/ttnq/single-post.php on line 58

Blog Post

GBRマラソン初参戦!

あきえ

TNQ Writer

誰もが一度は聞いたことのある「グレートバリアリーフ」、その世界最大のサンゴ礁の名を冠につけたマラソン大会。東京マラソンの応援はしたことがあるものの、マラソン大会は高校生以来😝普段はジムでのちょっとした運動ぐらいしかしませんが、今回は観光と合わせてまだ真夏ではない10月下旬、GBRマラソン10kmに参加してきました。

会場はポートダグラス

この景色に癒されに国内外から旅行者が集まる

日本からはジェットスター航空が就航するケアンズからオーストラリア入りし、車で小一時間ほどのポートダグラスへ⛵️ 

ポートダグラスはオーストラリアでも有数のリゾートとして有名です。

手配前のイメージでかなり高級なホテルしかないのかなと思いきや、キッチンのついたアパートメントも多く、意外にもリーズナブ😍(もちろん高級リゾートもあります。)

そしてこの街の素晴らしいところが、街の規模に対してレストランの多さと幅広いラインナップ。

カジュアルなアジア飯から雰囲気の良いシーフードダイニングなどなど、10kmランだけだから調整はいらないよね⁉️とばかりに食事を満喫しました🍽

前日のゼッケン受取とノリで高級ランシューズ購入👟

ポートダグラスの海の色をイメージしてセレクト

フレンドリーなボランティアさんが対応してくれる

応募メールの番号を伝えて封筒をゲッ

割り当てられたゼッケン

前日にゴール地点でゼッケンを受け取ります。申込メールの番号を元にボランティアさんがゼッケンを渡してくれます😙 

いよいよ逃げられない!

大きなマラソン大会ではブースがいくつもできますが、現状ポートダグラスはテント1つで全て完結!

雄大な冠がついたマラソン大会ですが、とってもアットホーム。

初参加にもぴったりの規模感で逆に安心😗

みなさん親切に対応してくれます。

ウェアにゼッケンをつけるための安全ピンも入ってました。

ビーチに集合し、いよいよスタート

朝日を浴びて集合

スタートは午前7時、集合は6時30分だったので5時起床。

起きた時は薄暗かったもののあっという間に明るくなってきました。

会場側の駐車場に車を止めいよいよスタートエリアへ。

すでにフルとハーフはスタートしており会場には応援と選手がいっぱい。

10kmのスタート時間ということもあって会場は和かな雰囲気です。

日本人参加者もいらっしゃったので少し交流!

ケアンズ在住の方が中心でしたが、別の都市からいらしている方も。

毎年参加者が増えているみたいです。

絶景ビーチを走る

見えているビーチの部分ほとんど走った

私が参加した10kmでは半分がビーチラン🏃‍♀️ 

そもそも屋内ばかり走る自分にとって屋外そのものがリスクでしたが、ビーチに降り立ってみると意外にも硬い砂で安心しました。

頭上にはヘリコプターが行き来し、雰囲気が盛り上がってきたところでスタート❗️

太陽の光が海面に当たってキラキラ光る様子を横目に走るビーチランは想像以上に気持ちよい滑り出しでした。

しかし、日が昇るにつれてインドアランナーの私には日差しがかなり強く…3kmぐらいで水分補給スポットはまだか…という感じ💦 

前日の水分補給が少し不足していたかもと反省しながらのラン。(ちなみに日頃サングラスをかけて走らない人も必ず持参しましょう🕶目が焼けます…😅) 

途中ビーチ上で小川のように水が流れている箇所もありますが、ご愛嬌で飛び越えたり迂回しながら進みます。

ビーチは前日見たときにはそれほど長いとは感じませんでしたが、実際走ると長い長い(笑)

サンサンと降り注ぐ太陽の下、トップランナーたちがいつビーチから街の方へ曲がるのかをひたすら目で追いかけながらマイペースラン🏃‍♀ 

ほんわか応援がまた心地よい

ビール大好きオーストラリア!メダルは栓抜き🍺

後半の1/3ぐらいは住宅街を走るので、お家のテラス&玄関先から住民の方が声をかけてくれます📣 

特に最後の方は「Well done!」と褒めてくれるので最後までがんばれます笑。 

給水所の配布に子どもたちが参加していたりして、ランナーから「Thank you!」と声をかけられると子どもたちも嬉しそう👧👦

大きな大会となるとボランティアも厳しく管理されているかと思うのですが、GBRマラソンはそこもアットホームな感じ🌴 

ポートダグラスのまったりした雰囲気もあり癒しランとなりました😍 

とは言っても日差しの中走るのはそれなりにしんどく、ペースもぐちゃぐちゃになりつつあったところ、幸運にも近くに一人がペースメーカー的にもう一人をサポートしている女性ペアランナーが!

後半は彼女たちとおしゃべりしつつ一緒に走りました(しんどい状況でも意外に喋れるものですね笑)

最後の直線には応援の方もたくさん集まっていて、声もかけてくれるのと、アナウンサーが実況してくれます🎤

こんなに大勢の方の前を走ることは滅多にないので感動体験!

そして、一緒に走ってくれた女性と3人でゴール&ハグ!「走れたねー!やったねー!」とお互いの健闘を讃え合いました👏

まだまだ時間はある

グレートバリアリーフへいくヨットやクルーザーが停泊しています

フォーマイルズビーチ

朝7時スタートで10kmだと私のようなビギナーでも8時過ぎにはフィニッシュ!(2時間がカットライン)

さっとシャワーを浴びたらハーバーへ!

お目当てのレストランはまだやっていないというアクシデントもあり、ハーバー内をぶらぶら。

流石にマラソン後にグレートバリアリーフのクルーズへは間に合いませんが、ダイビング船が停泊していたので見学⛵️ 

ポートダグラスはケアンズよりも北側という立地で、グレートバリアリーフ最北端のリーフを目指せるなど、ダイビングも人気アクティビティの1つ🐠

クルーズボートはどれもカッコ良い…

今回は体験することができなかったけど、これはもう一度来ようと思わせてくれます。 

ゴキゲンなテラスでビールを飲んでお腹もいっぱいに🦐 

そのあとは雑貨屋さんやアイスクリーム屋さん🍦など街中を少し散策して、ビーチでまったり過ごしました〜🐚   

 

癒しマラソン

朝日に向かって・・・

ビーチを走ることもあり、ベストタイム更新は期待できないかもしれませんが、オーストラリア有数のホリデーエリアが、こんなにもまったりマラソン大会を開催しているというギャップ癒し効果?!

東京砂漠からやってきた私にはGBRマラソンは地元の方とのふれあいもあったりと観光プラスアルファを楽しめる旅になりました🏃‍♀️ 

日本からの参加者が多いシドニー、ゴールドコーストマラソンと比べてしまうと、日本語のサポートもないので少し不安もあるかもしれませんが、ポートダグラスは世界中から観光客を迎えており、拙い英語でも問題なし🙆🏻‍♀️

わからなければ聞けばいいというだけ! 

年々参加者が増えているようなのでこのアットホーム感が味わえるのはあと数年かもしれません。GBR癒しマラソン、マジおすすめです😇

大人なリゾート「パームコーブ」🏝☀️

パームコーブは大人な雰囲気が満載のリラックスしたビーチリゾートです!

ゆっくりとビーチリゾートを楽しみたい方にオススメのスポットです😄