Notice: Undefined variable: context in /nas/content/live/ttnq/wp-content/themes/ttnq/single-post.php on line 58

Blog Post

グリーン島1泊2日の幸せ体験

ケアッピ

TNQ Writer

グリーン島へハッピーお泊り!🏖ケアンズのマリーナからなぜか男3人で出発。😭そもそも男だけで行くようなとこなんかな??今回のメンバーは友人Yと先輩H、そして僕(ウミガメのケアッピ)の2人と1匹。ん?カメの数え方は「匹」でよかったっけ?🐢

08:00AM

ターミナルでチェックイン

リーフフリートターミナルにチェックイン。ここはグレートバリアリーフへ向かうクルーズ会社のチェックインカウンターが集まる。まぁなんというか空港みたいな雰囲気。自分が申し込んだ会社のカウンターで乗船券をもらう。僕らはグリーンアイランドリゾートの宿泊者専用チェックインレーンに並ぶ。すでに「ムフフ」と気分が盛り上がる。😆今日は平日。みんな仕事頑張って〜。🤣ケアッピは島に行ってきます〜。🏝

08:30AM

リーフスピリット号

日本人インストラクターのネイトさん

test

いよいよ出航!🛳今日はリーフスピリット号。たくさん船があるけどスタッフの人達が丁寧に誘導してくれるので迷う心配なし。「おはよ・ございま!」とカタコト日本語でお迎えのスタッフも。オージーの日本語って面白い。「カラオケ」🎙は「カラオキ」やし、「天ぷら」🍤は「テンぴゅうら」でマットレスみたいやし。😄

 

船の上ではいろんなスタッフが笑顔で声をかけてくれる。ダイビングを申し込んだ僕たちにはイケメンの日本人インストラクター、ネイトさんが必要事項を説明してくれた。🇯🇵

09:15AM

緑の宝石グリーン島

グリーン島リゾートに到着!

グレートバリアリーフ(GBR)の中でサンゴ礁が堆積した砂の上に熱帯雨林が生い茂る唯一の島がグリーン島。🏝「緑の宝石」とも呼ばれる素敵な島に到着。宿泊する僕らはビーチへ急ぐこともなくグリーンアイランドリゾートへ。ホテルの専用スタッフが桟橋で待っていてくれる。ホテルのロゴが入ったステッカーを胸に貼る僕たちは何となく「えっへん」「おっほん」と誇らしい気分。部屋は広くて静かでめちゃくちゃ快適。うーん、一緒に来る相手を間違えたような気がする。。。まぁええか。🤪荷物をホテルに置いてダイビングの集合場所へ。

10:30AM

モジモジジャーンプ

シャコガイ

ネイトさんが先導してくれるから安心!

ケアッピはウミガメなので何も機材はいらんけど、Y君とH先輩は機材が必要。日焼け防止にライクラスーツを着る2人。「もじもじ君」という言葉が脳裏をよぎるが黙っておく。🤭空気残量や機材、サインなどを確認して出発。ポイントまでは専用の船で向かう。周りが綺麗なサンゴだらけのグリーン島。5分くらいで「 ニューヨーク」というポイントに到着。🏙なんでニューヨークやねん!もしかすると「八王子」とか「尼崎」というポイントもあるのかもしれない。😜

 

ここは比較的浅いポイントで、おかげでカラフルな熱帯魚にい〜っぱい出逢うことができた。🐠🐟🐡魚に詳しくないケアッピ、必然的に「カラフルか地味か」「美味しそうか美味しそうでないか」の2グループに勝手に分けながら水中観察。ここGBRにしかいない固有種も多いんやって。ネイトさんが先導してくれるので安心してついて行くだけ。

 

カメラに詳しいH先輩はでっかい水中カメラを持ってきた。📸大きなフレームに取り付けられたカメラとライト類は、まるで海底を探索する潜水艇やな。ダイビング中は心の中でH先輩ではなく「しんかい6500」と呼ぶことにする。

12:00PM

グリーン島の和牛バーガー

大満足のダイビングを終えてランチタイム。エメラルド・レストランで和牛バーガーをほおばる。🍔ボリュームもあって最高にうまい。でも午後にもう1本潜るのでビールは我慢。🙅‍♂️隣で乾杯しているオージー達を恨めしそうに見る。Y君も同じなのか、食べ終わると立ち上がり突然ストレッチを始めた。👯‍♂️「もじもじ君体操!」🧘‍♂️という言葉が脳裏をよぎるが黙っておく。

13:00PM

キャサリン…?

グリーン島の海

グリーン島の熱帯魚

グリーン島でニモに遭遇

2本目のダイビング!ネイトさんに「しんかい6500」「モジモジ君」「ケアッピ」がぞろぞろ付いていく。時々水中カメラ担当のスタッフが「ぬっ」と現れて、占いに使う水晶玉のようなレンズのカメラでバシャバシャ写真をとってくれる。🤗

 

ここは「インナーモーリング」というポイントで、ウミガメ遭遇率が高いらしい、と思っていたら、おったおった。🐢ん?あれはケアッピの同級生で憧れのキャサリン!💘

「キャサリン何してんのん?」

「眠いから喋りかけやんといて」💔

キャサリンはコアラ並みに寝ることで有名なウミガメ。ウミガメの世界も女子が強くなってる。怒ると怖いし嫌われたら困るからそっとしとこっと。🤷‍♂️

 

Y君が海底に向かってなんかサインを出してる。。よく見るとオオシャコ貝と水中ジャンケンしてる。🖐大丈夫かな、Y君。。。そういえば今朝もホテルの部屋の鍵を持たずに出てきてオートロックドアが「がっちゃん」と閉まり、ホテルのフロントまで小走りしてた。😱その後「俺は部屋の鍵を2つ持ってるのだ」と自慢してた。😓早く1つは返しておいでや。

15:00PM

ヘリコプターから見るグリーン島

プールサイドのバーに向かう。プールは一般用(グレートアドベンチャーお客様用)と宿泊者専用がある。一般用の横にあるバーで乾杯。🍻昼間っからリゾートでビール。も〜最高すぎてニヤケが止まらん!🍺

 

ちなみに僕達はダイビングを2本したけど、ダイビングをしなくてもビーチでのんびりしたり、シュノーケリングを楽しんだり。。。お勧めはヘリコプターの遊覧飛行でグレートバリアリーフを空中散歩!!🚁彼女と2人でのロマンチックフライトを妄想すると頭がクラクラする。😍

17:00PM

グリーン島でのサンセット

桟橋で魚の餌付けタイム〜。🐠なんか急に静かになったな。餌付け担当のスタッフに聞いたら16:30PMに最後のクルーズ船がケアンズ港に向けて出発した後はグリーンアイランドリゾート宿泊客だけになるそうだ。人が少なくてめっちゃリラックスした雰囲気!🤗

 

餌付けは国立公園の定められた量だけを与える決まり。安全管理とか環境保護とか、オーストラリアはすごいとおもう。🤔餌付けで熱帯魚が集まってくる光景は圧巻。エイの集団も顔を出してくれた。あのエイの名前と特徴をH先輩が話してくれたけどコッテリ忘れてしもた。😭また次回聞いときます。

 

その後ホテルのスタッフがサンセット・ドリンクをサービスしてくれる。🍸3人はビールだが他のお客さん達はマンゴとシャンパンのカクテルとか、名前だけでうっとりする飲み物をチョイス。沈んでいく夕日はとってもロマンチックやし、よく見るとカップルたちはみな腕を組んだり手をつないだりしてる。🌅さすがにY君やH先輩と手を繋ぐのはキモチワルイので1人で夕日を眺める。キャサリンと見たかったなぁ。😘

18:00PM

ディナー

味噌風味のサーモン

お腹がすいたのでディナーへ!🍴カップルと家族連ればかりのリゾートレストランに男3人は若干違和感?いやいや、かなり変やな。😅しかも1人はウミガメやし。ロマンチックディナーが周りで展開される中、僕たちは料理を大量に注文し、ワインをガバガバ飲み、アホな話をいっぱいして盛り上がった。🥩🥘🍖🥗🍝イカスミのリゾットとか味噌風味のサーモンとか、日本人の口に合う料理も多いのが嬉しい。メニューが日本語なのも助かる。

20:00PM

希望者が自由に参加できるナイトウォーク。宴会を一旦中断してガイドさんと桟橋へ。ウミガメを探すんやって。🐢ここに1匹いてますけど。あ、自然界のまともなウミガメ探しね。ハイハイ。🙋‍♂️桟橋からはウミガメが見える。アマモという海藻を食べにくる。僕もめっちゃ好きやねんな〜。グリーン島の桟橋からウミガメがよく見えるのはこの海藻のおかげ。

 

ホテルの各部屋に大きな懐中電灯がある。🔦2人で散策、なんていうのも素敵。そんな妄想をしながらレストランへ戻って宴会続行。気がついたらレストランにいてるのは僕らだけになってた。

21:00PM

グリーン島で見る天の河

自由に参加できる無料プログラムが多いなー。今度は星空観察。🌌グレートバリアリーフから見上げる南半球の星空。。。🌏腰が抜けそうになるくらい綺麗やった。「南十字星が見たいなー」と思ってたけど、そんなもんじゃなかった!天の川がクッキリ見えてそれはもう「満点の星空」よりすごい表現はなに??って叫びたくなるような世界やった。🌙⛅️🌤🌠これは絶対彼女と来るべきだ。キャサリン。。。

 

22:00PM

ターンダウン

ターンダウンサービスが!!嬉しいねぇ。っと思ってバスルームに行ったら、そこらへんにほっぽいてあった水着が、なんと親切にも干してある!!水着を干してくれるホテルなんてはじめてでビックリ。😅優しいなぁ。部屋のブラインドも全て閉められていて、いつでも寝れそう。でもせっかくなので浴槽にお湯をためてリラックス。🛁部屋ではミニバーの飲み物を楽しむ。リーフスイートとアイランドスイートの2種類のお部屋があり、どちらも広くて快適に過ごせる。部屋はY君ともH先輩とも別々なので身の危険を感じることなく寝れる。あ、誤解されると困るのですが、2人ともめっちゃええ人達。しいて言うならY君はMH先輩はSかな。😅

07:00AM

グリーン島リゾートで目覚め

優しい波の音で目がさめる。🏖ダッシュで水着に着替えて海へ。昨日借りたまんまのシュノーケリングセットでビーチを独り占め〜。正確にには男3人で占有してるのだが。足跡のないビーチを男3人のでかいフットマークが汚していくようでなんか申し訳ない気になる。👣ビーチは遠浅で泳ぎやすい。

08:00AM

グリーン島リゾートの朝食

レストランで朝食。昨日のディナーもそうやったけど、小さい島やのに食事のクオリティが高い!そしてスタッフがみんなとっても親切。いつも笑顔で接してくれる。🇦🇺ボディーランゲージで「コーヒーが飲みたい!」と言ったら、エスプレッソマシンまで連れてってくれて、コーヒーを入れてくれた。☕️「惚れてまうやろ〜!」💕

09:00AM

日本語表記もある説明文

H先輩がアイランドウォークに誘ってくれた。🏖「島一周散歩」と言うよりカッコよく聞こえるのはなんでかな。今朝は満潮なのにH先輩はスニーカー。「先輩、足元が濡れますよ」と言ったが「大丈夫、波よけていくから」と先輩。40分程度で島を一周できる。

 

島を縦断する遊歩道のところどころに、日本語表記もある説明文があり、グリーン島の生い立ちなどが分かる。朝からお利口さんになったみたいで気分がいい。ちなみにH先輩のスニーカーは歩くたびにグジュ、グジュ、と聞こえる。スニーカービショビショですやん!!👟

 

10:00AM

シーウォーカー

今日はシーウォーカーというヘルメットダイビングを体験。普通に息をしたままGBRの海底散歩できるこのアクティビティは、所要時間約1時間。実際に水中にいるのは20分くらい。普通に呼吸できるし、メガネかけてる人はそのままでええし、👓女子はメイクも落ちないから黒い涙を流す心配もなし。💄おまけにインストラクターがずっとそばにいてくれるので安心。もう最初から最後までヘルメットの周りが見えなくなるくらいの熱帯魚祭り。🐠これ、泳ぎたくない人にぴったりのアクティビティかも。スタッフの人に聞いたら81歳の日本人のおじいちゃんが体験したことがあるらしい。👴🏻体験後にスタッフが

 

「おじいちゃんどうでしたか」

 

と聞いたら、おじいちゃんが

 

「まるで天国にいるような気持ちでした」😂

 

やって。行ったらあかんで、おじーちゃん!!

12:00PM

リゾートの宿泊客は何時にケアンズ港に帰ってもOK。船はグリーン島を09:30AM, 12:00PM, 14:30PM, 16:30PM4回出発。僕たちは12時のクルーズをチョイス。突然Y君が「俺の着替えがない!」😱と大騒ぎ。ホテルのスタッフが親切にもスーツケースを船に運んでおいてくれたみたい。シーウォーカー行く時に着替えを持ってきてたH先輩とケアッピは涼しい顔で着替え。結局Y君はモジモジ君スタイルでクルーズ船に。😓プププ。最後まで笑かしてくれるな。🤣45分後にはケアンズ港に到着。あー帰りたくない。。。

リーフターミナルでグリーン島へチェックイン!

リーフターミナルはグレートバリアリーフへの入り口🛳